【10月6日開催】薬局経営オンラインセミナーのご案内

いよいよ調剤報酬改定まで残すところ半年となりました。いまも続くコロナウイルス感染症の影響の中、政治的変化も起きようとしています。最大の危機は調剤報酬改定よりも「規制緩和」にあります。
後期高齢者が75歳入りを始める「2022年危機」をどのように乗り越えるのでしょうか。無い袖は振れない財政状況の中、ターニングポイントとなる2022年度改定。調剤報酬の議論が本格化する時期だからこそ、きちんとした情報の地盤を作っておく必要があります。
各種審議会で寄せられる厳しい声の中、「いまのまま」からの脱却が、薬局にも働くスタッフにも求めらえます。

2022年度調剤報酬改定にむけて

【おさえるべきポイント】

〇 大手調剤チェーンとドラッグストアの戦略
〇 薬局は物販に取り組むべきなのか
〇 残された最後の市場について考える
〇 薬局業界外から進められる規制改革
〇 薬局業界におけるICT、オンラインをどう考えるのか
〇 「リフィル」と「かかりつけに向けたチャンスを知る

【当日の流れ】
18:45 受付開始
19:00 講演開始
20:00 閉演

【セミナー詳細】
セミナー詳細・案内パンフレットはこちらからご確認ください

注意事項

・本セミナーはZoomウェビナー機能を利用いたします。参加者はマイク、カメラは使用いたしません。
・参加される端末には事前にZoomアプリケーションのダウンロードが必要となります。
・お申し込み後のキャンセル、当日の欠席による参加費の返却は致しません。
・1端末で複数名視聴することも可能です。(参加費用は人数分必要です)
・お申込みは当日の視聴人数分必要になります。お申込み者の適切な申告にご協力くださいませ。

演者紹介

株式会社Kaeマネジメント
代表取締役 駒形 公大 (2025年戦略推進本部長)

大学卒業後、ベンチャーキャピタルに入社。新規事業立ち上げ支援などに従事。2010年に㈱Kaeマネジメントに入社。財務コンサルティングにより、中小企業の再生支援に従事。2012年より政策担当として、厚生労働省や各政策審議会等を傍聴。業界紙等には掲載されない生の情報を提供。大手チェーン薬局幹部や、介護関係者、医師と幅広いい人脈を持ち精力的に活動をする。2020年4月より代表取締役。

お申込

    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    郵便番号
    都道府県
    ご住所(市区町村以下)
    参加者数
    利用PC台数

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    PAGE TOP
    お問い合わせ