薬局における「ガバナンス構築」サポート

全ての薬局にガバナンス体制の構築が求められます

2021年8月1日、改正薬機法の施行により全ての薬局にガバナンス体制の構築が求められます。各種規定や指針の策定が求められていますが皆さまの会社ではどのように取り組まれているでしょうか。「ガバナンス」は法令遵守(コンプライアンス)をどのように確保していくのかという企業体制を指しています。フォーマットを用意し記名をするだけでは、本来意味するガバナンス体制とは言えません。
2015年以降、業界の不祥事が大きく取り上げられ薬局のあり方、企業の体制を見直すべく法律によって規定されたガバナンス体制の構築の意味をきちんと理解し、企業実態に即した体制を整備することが運営する薬局や従業員、そして企業を守っていくことにもつながります。

当社では、独自に作成した各種規定をもとに、企業様と打ち合わせ重ね企業規模・実態に即したガバナンス体制づくりの支援をさせて頂いております。

皆さまの薬局運営がよりなるよう、サポートをさせて頂きます。

求められるガバナンス体制整備とは

改正薬機法省令では

・薬事に関する業務に責任を有する役員
・業務権限・範囲の明確化
・法令順守のための指針を示すこと
・法令順守のための体制整備     等

このようなことが求められています。多くの方が課題に思っていることは「法令遵守のための指針」「法定遵守体制整備のための規定」ではないでしょうか。

当社では、一般社団法人を運営する上で文部科学省厚生科学研究事業における「競争的資金等の取扱いに関する各種規定(COI)」「コンプライアンス教育に関する規定」「公益通報者保護規定」の作成および承認を受けた経験を有しております。

弊社で作成をした各種規定は、そのような規定を作成する上で求められるガイドラインに準拠した規定書(案)となっています。

サポート内容

薬機法で求められるガバナンス体制の整備に関する説明、当社で作成した各種規定をもとに御社の実態に沿った規定作成のサポートを作成させて頂きます。
企業規模、運営形態によってその内容な多岐に渡ります。資料をお渡しするだけでは、求められる体制づくりを行うことが出来ないと当社では考えております。
つきましては、資料のみの提供および開示については行っておりませんのでご容赦くださいませ。

当社にて作成サポートを行う規定等

  • コンプライアンス指針
  • 個人情報保護方針
  • 法令順守体制の構築に関する規定
  • 公益通報者保護に関する規定
  • 個人情報者保護に関する規定
  • その他情報管理に関する規定
  • その他、付随する規定

お問合せ方法

サポート内容の詳細、および費用等など、お気軽にご連絡くださいませ。以下のフォームに必要事項を記載の上、お問合せ頂けますと、担当者より改めてご連絡をさせて頂きます。

         

    会社名
    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    郵便番号
    都道府県
    ご住所(市区町村以下)

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    PAGE TOP
    お問い合わせ