【11月11日開催】関東限定オンラインセミナー開催のご案内

各所にちりばめられたメッセージを集約し、4月に向けた準備を進めていきましょう。

調剤報酬改定まで残すところ半年となりました。新型コロナウイルス感染症による影響が続く中、初めての改定となります。団塊の世代が75歳入りを始める「2022年社会保障危機」を目の前に、コロナ禍における補填と社会保障費の給付のバランスがどのようになるのかが注目となります。
すでに、規制改革推進会議、財政制度等審議会では薬局のあり方に関する議題が出ています。規制緩和によるダイナミックな街づくりを予定している「スーパーシティ型特区」構想も現在進行中です。年末に向けて熱を帯びてくる中央社会保険医療協議会の動向も見逃すことはできません。
本年6月に続き2回目の開催となります。医薬品卸様のご協力の下、関東限定としてご案内をさせて頂いておりますが、オンラインによるセミナーとなります。当社ホームページからはエリアに制限なく、ご参加お申込み頂くことが可能となっております。

2022年に良いスタートをきるために、皆さまに短い時間ではありますが余すことなく情報をお伝えさせて頂きます。

押さえておきたい情報

  • 政権交代が及ぼす社会保障制度の行方
  • 服薬期間中のフォローはリフィル処方へ
  • 薬局認定制度は国が求める薬局の姿
  • オンラインが薬局を変える
  • 規制改革推進会議が求める薬局のオンライン化とは
  • 大手調剤チェーン、ドラッグストアの戦略とは

詳細

日 時 :2021年11月11日(木) 19:00~20:00
方 法 :Zoom ウェビナ―機能を利用 (カメラ・マイクはOFF)
参加費 :3,300円/人 (消費税込)
開催協力:東邦薬品株式会社様

※原則1名/1PCでの参加をお願いいたします。複数名が同じPCで閲覧される場合は、参加人数を適切に申告頂きますようお願いいたします。
※セミナーのオンライン化に伴い、当日の無断キャンセルが多く見受けられます。参加費用につきましては、当社に瑕疵がある場合を除き、返還を致しませんことをご了承くださいませ。

お申込み

    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    郵便番号
    都道府県
    ご住所(市区町村以下)
    参加者数
    利用PC台数

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    PAGE TOP
    お問い合わせ