社長挨拶・経歴

駒形和哉昭和54年に医薬品卸に入社し、5年間の営業活動を経験しましたその後、大阪の医療コンサルタント会社に出向研修し、当時全国的にも稀な存在として本格的な経営相談活動を開始しています。約10年間の活動は私自身にとって、多くの人と出会い、多くの事を学ぶ機会を得ることが出来ました。これも前職の社長のご理解とご支援の賜物と感謝しております。その後、調剤薬局と介護用品のレンタル・販売の会社を立ち上げから任され、社長業を10年経験させていただきました。眠れない日もありましたが、10年後にはそれなりの優良企業にすることが出来ました。 これもスタッフ一同の協力と感謝しております。さて、これらの経験を 医療・介護事業 に活用していただきたく、2007年8月よりコンサルタント業として再チャレンジを始めました。全くのゼロからのスタートです。お役に立つ自信はあります。

"薬剤師の兄貴"を目指して2010年1月より東京で、本格的に薬局専門のコンサルタント活動を始めました。お陰様でお付き合いいただいた企業は500社以上、名刺交換した薬局関係者は3,000人を超えています。この年になって初めて生かされている自分に気づかされております。毎月東京で開催しておりますHSEセミナーでは、自らの学びが多く、そのエッセンスを皆様にお届けしております。また、各地で開催するセミナー等では多く仲間作りを心がけており、参加者同士の交流も活発になってきております。薬局は小売業です。どんなに素晴らしいサービスを提供できても利益がなければ継続できません。その利益が出る基本が「本物の薬局、本物の薬剤師」の在り方を追求することだと信じております。そのためには"地域が支えてくれる薬局"であり、地域が支えてくれる薬局とは"地域を支える薬局"だと思います。地域を支える薬局とは"地域に情報発信できる薬局"です。そんな"地域に支えられる薬局"を一緒に考えてみませんか。そして、そこで薬剤師は何をなすべきかを創造しませんか。 周りに生かされている自分に気づき、周りを生かす自分になってみませんか。

駒形 和哉

駒形和哉東北薬科大学卒業後、医薬品卸に入社。営業担当、コンサルティング担当を経て、平成9年に調剤事業と介護用品販売、レンタル事業の関連会社を設立。社長として10年間任される。
両事業を軌道に乗せ、平成19年に退任し新たに医療・介護薬局関連を主体としたコンサルティング会社「Kaeマネジメント」を設立。多彩な経験と豊富な知識から語られる講義内容は、実践的でわかりやすいと評判。全国の若手薬剤師の「兄貴」的存在。

1979年
東北薬科大学 衛生薬学科 卒業 北海道を拠点とする医薬品卸に入社
1984年
営業経験を経てコンサルティング部門担当 大阪のコンサルタント会社に出向研修
その後、道内各地にて医療機関へのアドバイス、講演多数
1995年
新規事業部長 在宅介護事業に取り組む
1996年
関連会社の設立  代表取締役社長就任 調剤事業(15店舗)在宅事業(7店舗)
2007年6月
10年間の任期終了と共に後続へ引き継ぐ
2007年8月
株式会社 Kaeマネジメントを設立 代表取締役に就任
2010年1月
活動拠点を東京に移す
2010年6月
浅草橋に事務所を設置

各種セミナー情報
診療報酬改定情報
お問い合わせ 駒形和哉ブログ
駒形公大ブログ